令和6年能登半島地震における大森赤十字病院の対応(1)

出発式1
エッセンシャル・ニュース

令和6年1月1日(月)16時10分、石川県能登地方において最大震度7、マグニチュード7.6(暫定値)の地震が発生し、石川県を中心とした地域に甚大な被害をもたらしています。

今回の地震・津波災害に対し、日本赤十字社では、順次、救護班の派遣を続けておりますが、この度日本赤十字社東京都支部からの要請に基づき、当院からも救護班及び日赤災害医療コーディネートスタッフの派遣が決定しました。

派遣期間派遣職員派遣先
1/13(土)〜1/18(木)日赤災害医療コーディネートスタッフ1名石川県珠洲市
1/14(日)〜1/18(木)医師1名
※東京かつしか赤十字母子医療センターの救護班に帯同
石川県七尾市周辺
1/21(日)〜1/25(木)救護班1班
(医師2名、看護師3名、連絡調整員2名)
石川県珠洲市

現在、出動に向けて準備を進めています。
【令和6年1月12日(金)15:30現在】

医療社会事業部

722 views

プロフィール

関連記事一覧