梅屋敷ウィメンズクリニック訪問記(2024年2月15日)

ホスピタル

この度、新規に連携医登録をしていただいた、大田区蒲田の「梅屋敷ウィメンズクリニック」の病院訪問を行いました。梅屋敷ウィメンズクリニックは昭和47年に梅屋敷産婦人科として開業して以来50年以上にわたり、地域の皆さまに女性の悩みや疾患に対して親しみやすく相談しやすい場所として医療を提供して来られました。昨年夏、梅屋敷ウィメンズクリニックとして現在の施設にリニューアルし、より快適な環境で診療を再開しておられます。

梅屋敷ウィメンズクリニックは京浜急行線梅屋敷駅から徒歩3分と利便性に富んだ場所にあるにもかかわらず閑静な住宅街の中に病院はありました。伺った日は休診日でしたが、院内は明るく清潔で落ち着いた作りになっておりました。プライバシーも守られており、患者様も安心して診察を受けることができる印象を受けました。

院長の齋藤正博先生は大田区で生まれ育ちこの地域に精通された先生です。その後、長年にわたり埼玉医科大学総合医療センター産婦人科教授として勤務されておりました。私も同院に在職する機会がありましたが、その際には気軽に声をかけてくださり大変お世話になった先生です。埼玉医科大学総合医療センター産婦人科は埼玉県最大の医療規模を誇り、県内の最後の砦としてどんな患者様にも対応する病院です。齋藤先生はその教授として患者様の診療に当たる一方で、多くの医局員を指導されていらっしゃいました。近年の産婦人科医療は専門分野ごとに細分化されておりますが、齋藤先生は分野の壁を隔てずに何事にも精通され、様々な相談に懇切丁寧に対応されていらっしゃいました。私はそのような先生が身近にいらっしゃることが心強く、今後ともお互いにいろいろと相談できればと思っております。

インフォメーション

  • 産婦人科 梅屋敷ウィメンズクリニック (梅屋敷産婦人科)
  • https://www.umeyashiki-clinic.com/
  • 東京都大田区蒲田2-5-10
  • TEL: 03-3732-3456
  • 院長:齋藤 正博先生

【診療内容】

  • あらゆる年代の婦人科疾患
  • 大田区子宮がん検診・大腸がん検診
  • 妊娠・出産に関する相談
  • 産科超音波検査
  • 不妊症・不育症に関する治療、相談
  • 子宮頸がん予防ワクチンに関する相談
  • その他女性特有の悩みや疾患に対する診療
  • 子どもの成長や発達に関する不安や悩み相談(子どもの心相談医の資格を有する小児科専門医が対応)

【主な経歴・所属学会】

  • 埼玉医科大学卒業
  • 医学博士
  • 埼玉医科大学総合医療センター客員教授
  • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医
  • 日本生殖医学会生殖医療専門医
  • 日本医師会認定産業医 など

産婦人科部長 堀越 嗣博

644 views

1996年に山梨医科大学医学部卒業。 東京大学医学部附属病院で勤務を開始。東京大学で学位を取得し、長野県立こども病院や埼玉医科大学総合医療センターなど総合周...

プロフィール

関連記事一覧