新任医師自己紹介 下部消化管外科部長 日吉雅也

日吉先生自己紹介_blogアイキャッチ画像
ホスピタル

■2024年4月1日付着任

■資格

  • 日本消化器外科学会専門医・指導医
  • 日本大腸肛門病学会認定専門医
  • 日本内視鏡外科学会技術認定医(大腸)
  • ロボット支援手術認定プロクター(直腸・結腸)


ブログを開いていただいた皆様、こんにちは。

このたび2024年4月より大森赤十字病院外科部長を拝命いたしました日吉雅也と申します。2003年に北海道大学医学部を卒業し、東京大学医学部附属病院で勤務を開始しました。関東労災病院、東京都立墨東病院、茨城県立中央病院などの外科で勤務し、消化器疾患(主に大腸疾患)を専門としてきました。

特に、前任地の茨城県立中央病院では東大医局の協力を得ながら、大腸がん手術へのロボット支援手術の導入を行いました。ロボットの導入により、今までは高難度であった直腸癌手術もより安全で緻密に行えるようになったことを実感しております。

当院でも、ロボット支援手術を導入し、根治性の高い治療を患者様に提供していきたいと考えております。それに加え、手術中の内視鏡検査や蛍光色素による血流評価も行い合併症ゼロを目指した治療を行ってまいります。

大腸がん診療にあたっては、①腹腔鏡・ロボット支援手術による痛みの少ない治療、②腸閉塞を伴う進行大腸癌に対する大腸ステントを用いたできるだけ人工肛門を作らない治療、③直腸癌に対して術前に化学放射線療法を行い局所再発をより減らす治療、の3点を軸として、患者さんと相談しながら治療を進めます。

もちろん、外科にご紹介をいただいても、内科の技術で切除できるような段階の患者さんは、内科と外科の連携により適切な治療を行ってまいりますのでご安心ください。一人一人の患者さんに寄り添い、低侵襲性と根治性を両立した治療を提供できるよう、日々精進してまいります。今後ともご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。

下部消化管外科部長 日吉雅也

400 views

2003年に北海道大学医学部を卒業後、東京大学医学部附属病院で勤務を開始。その後、関東労災病院、東京都立墨東病院、茨城県立中央病院などでの勤務を経て、202...

プロフィール

関連記事一覧