計画無痛分娩の実施拡大について

エッセンシャル・ニュース

当院では2021年より麻酔科の協力のもと、計画分娩時の無痛分娩として、硬膜外無痛分娩をおこなっております。従来、月曜日もしくは火曜日(水曜日)での計画無痛分娩としてきましたが、今年2月より、平日日中すべてに実施日を拡大いたしました。土日夜間を含む休祝日は行っておらず、計画前に陣痛・破水が起きてしまった場合は原則無痛分娩を行えませんが、その場合も可能な限り対応しております。

また当初無痛分娩を御検討されていらっしゃらなかった産婦様にも、分娩経過中の疼痛等で希望があれば可能な限り対応しております。その結果、無痛分娩を希望された場合の無痛分娩の実施率は、2023年の32%から2024年は79%、特に無痛分娩を大幅に拡充した2月以降の無痛分娩実施率は90%に上昇し、当初無痛分娩予定ではなかったものの、急遽分娩中に無痛分娩に切り替えた産婦様が4名いらっしゃいます。

産婦人科部長 堀越 嗣博

644 views

1996年に山梨医科大学医学部卒業。 東京大学医学部附属病院で勤務を開始。東京大学で学位を取得し、長野県立こども病院や埼玉医科大学総合医療センターなど総合周...

プロフィール

関連記事一覧